近隣のコース

小田原周辺には、沢山のコースがあります。ご予約後、お客様のご要望に合わせて、コースをお勧めいたします。

1日で楽しめる代表的なコースとしては、下記があります:

1.大観山コース
なんと言ってもこのあたりでは箱根は一番チャレンジしがいのあるコース。箱根にもいろいろな登り方が有ります。

自転車乗りに一番お勧めなのは、湯河原から椿ラインを通って、大観山に至るルート。箱根の観光ルートからはちょっと外れるけれど、車が少なめで走りやすい。斜度はほとんどのところで10%を下回る。ただし、20km登りっぱなしなので、持久力と忍耐力が必要。帰りは色々なルートが選べますが、下記では車が少ない足柄幹線林道を選択してみた。

https://ridewithgps.com/routes/29690212

獲得標高は2,000mに迫りますので、難易度★★★★。毎週トレーニングしている人向け。

芦ノ湖を臨む

大観山

 

2.箱根旧道コース

旧い県道を通って、箱根の山を登るコース。箱根寄木細工のお店が集まる畑宿や、昔の箱根街道が途中にあるため、観光を兼ねることができる。ただし、七曲がり(実は十二曲がり)等激坂が随所にあり、箱根を登るコースとしては一番きつい。箱根大天狗山神社手前の坂は優に20%超え。無理して一気に行っても良いけど、休みながらでも良いんじゃないと個人的には思う。箱根関所跡や恩賜公園もコースに入れてみた。また、芦ノ湖畔の箱根神社も味わい深い。その後仙石原まで行って、すすきの草原を見ると本当に箱根に来たなあと感じる。下りは車に気をつけながら国道1号線を行くコースを作ってみた。

https://ridewithgps.com/routes/29785051

獲得標高は1,300mを超える。斜度がきついため難易度は★★★★。一度はチャレンジしたい。ヒルクライム後のご褒美にこんな景色が拝める。

3.足柄峠
小田原から御殿場方面に向かい、足柄峠を登る。観光コースではないので、車は少ない。南足柄の田園風景は昔ながらの里山という感じ。途中で地蔵堂と夕日の滝によることを勧める。地蔵堂から先は10%を超える激坂が続く。

https://ridewithgps.com/routes/29455663

獲得標高は1,000mに届かないが、後半のきつさはこたえる。難易度は★★★。

 

4.真鶴・熱海方面コース
海沿いに真鶴、湯河原を通り熱海まで行きます。海を見ながらの爽快なサイクリング。

https://ridewithgps.com/routes/29467375

ある程度のアップダウンがあるが厳しいヒルクライムはない。難易度は★★。

真鶴

湯河原付近

真鶴の海沿い

5. 道志道方面

ややアクセスが遠くなるが、道志道は自転車乗りには鉄板コース。2020年の東京オリンピックのコースでもある。基本的には一本道だが、景色を見ながらのライドは飽きない。じわじわ登り基調のコースはまたかなり脚に来る厳しいコース。帰りは反対に下り基調のダウンヒルが最高!

https://ridewithgps.com/routes/29784929

獲得標高2000m超えかつ距離が長いので、難易度は★★★★★。

5.大磯・江ノ島・鎌倉方面コース
海沿いを一路鎌倉を目指します。基本的にずっとフラットなので、走り易いコースです。難易度は★。

その他フェリーに乗って千葉方面にも行けます。

また、一泊二日の行程であれば、富士五湖巡り、富士山一周、伊豆半島一周(天城峠越え)等々のコースが可能。

コースによっては、なかなかわかりにくいものもあります。RINTAROではガイドも行なっておりますので、お気軽にご相談ください(ガイド料金は別途)。